日本社会福祉マネジメント学会(JASM)では、社会福祉サービスの質の向上に寄与することを目的とした表彰制度を設けました。

JASM賞(学会賞)は、本賞への応募投稿ならびに学会誌『日本社会福祉マネジメント学会誌』に掲載された、本学会正会員による著作を審査の対象とします。JASM賞には、「最優秀賞」「優秀賞」「奨励賞」「実践レポート賞」があり、選考の基準は以下の通りです。※「実践レポート賞」へのご応募以外は、学会誌の規程に則りご応募ください。

テーマ本学会の理念に即したもの
応募期間2022年8月31日 ※当日消印有効
最優秀賞優秀賞の中から国際的に評価されるなど特に優れたものを選考し、最優秀賞を授与する。
優秀賞社会福祉および社会福祉マネジメント、その隣接諸学に関する理論または応用の発展に貢献するところが顕著であると認めた原著論文の執筆者に授与する。
奨励賞社会福祉および社会福祉マネジメント、その隣接諸学に関し、活発な研究活動を行ってきた会員に授与する。その活動の内容を本学会『日本社会福祉マネジメント学会誌』ほか成果発表の機会(主に研究大会)に公表した原著論文、研究報告を対象とします。受賞対象は、執筆者全員が、40歳未満、博士の学位取得後8年未満、修士の学位取得後8年未満、入職後10年未満のいずれかであるものとします(応募時)。
実践レポート賞社会福祉および社会福祉マネジメントに関する先進的、特徴的、萌芽的、挑戦的などの実践を行い、その実践が社会福祉の発展に資することを示した優秀なレポートに授与します。自主研究、活動報告も対象となります。

JASM賞規定

JASM賞規定

表彰

受賞者には、表彰状とともに副賞として以下、賞金が授与されます。

  • 最優秀賞 10万円
  • 優秀賞  5万円
  • 奨励賞  3万円
  • 実践レポート賞 3万円(最大3本)

第1回JASM賞 受賞者

賞名 受賞者名・所属 受賞論文・報告タイトル
優秀賞古谷 淳
聖ヶ丘教育福祉専門学校
保育所運営企業の「生き残り戦略」に関する実証的研究
―グラウンデッド・セオリー・アプローチに基づくカテゴリーの生成―
選考委員会講評
本研究は、昨今の多岐に渡る保育所の運営実態に着目し、運営企業の「生き残り戦略」に関して論を展開した非常に興味深い研究だと感じます。現代の保育所運営の多様化などの社会的実状を俯瞰的に捉えた際に、今後の社会福祉業界においても注視されていくトピックだと思われます。
賞名 受賞者名・所属 受賞論文・報告タイトル
奨励賞西村 実穂
東京未来大学こども心理学部
台風による浸水被害を受けた認定こども園の保育再開時の課題
―令和元年台風第 19 号により被災した栃木県宇都宮市の認定こども園の事例から―
選考委員会講評
平成29年に改訂された『保育所保育指針』『保育所保育指針解説』では、災害発生時の対応体制及び非難への備え、地域の関係機関との連携など保育所における災害への備えに関する節が新たに設けられました。これらを踏まえ、本論文は、2019年に発生した台風第19号により被災した認定こども園における、災害発生から応急保育までの経過についての事例を報告するとともに、保育現場の実地調査及びヒアリング調査により保育現場で生じた状況が詳細に述べられており、今後の保育現場における災害対策にも有用な示唆を含む報告であると考えられます。
(所属は受賞当時のもの)

詳細は、以下のチラシを参照下さい。
JASM Awardに関する募集概要

申込みフォーム(実践レポートのみ)

JASM賞にお申込みされる方は、以下のフォームからお申込みください。
なお、「実践レポート賞」にご応募される方は以下の応募書類(実践レポートフォーム)を使用して下さい。

JASMが主催する「JASM教育セミナー」、JASMが東京都より指定を受けて実施している「東京都保育士等キャリアアップ研修」を受講し、その内容を踏まえ、独自に実践した内容をレポートにまとめたものでもよい。

実践レポートフォーム

実践レポート
その他書類*必要な場合
必須氏名
フリガナ
必須所属
必須電話番号
必須メールアドレス
必須メールアドレス(確認)
備考欄
必須個人情報の取扱いについてへの同意

個人情報の取扱いについて