「異分野と学びあう」

一般社団法人日本社会福祉マネジメント学会(JASM)では、社会福祉に関する研究活動や社会福祉サービスの質の向上を目的とした「教育セミナー」を開催しています。
コロナ禍で、研究フィールドにおける調査等の継続が困難になるなど、研究者にとっては厳しい状況が続いておりますが、JASMでは、こうした研究者や実践者が抱える今日的な課題を踏まえ、教育セミナーとして、意見交換や議論できる場を提供したいと考え、実施いたします。

 

■ 第3回 12月20日(月)
「司法における『発達』の視点」 藤川 洋子(京都工芸繊維大学特定教授)

■ 第4回 1月21日(金)
「初学者向け質的研究セミナー 複線径路・等至性モデリング(TEM図)の描き方」 安田 裕子(立命館大学総合心理学部教授)

TEMとは、質的研究の中で、時間を捨象せずに扱おうとする複線径路・等至性モデリング(Trajectory Equifinality Modeling)のことで、視覚的に理解を促す試みです。誰でも研究の径路をTEMに描くことができ、視覚的に共有できるため、初学者でも簡単に質的研究用のデータを拾っていくことが可能になります。新しい技術による研究法です。

開催概要

開催日時 2021年12月20日(月) 18:00〜
募集期間 2021年11月29日(月)〜2021年12月19日(日)
会場 Zoomオンライン開催
対象 大学・研究機関の研究者、社会福祉関係の実践者、大学生等、JASM正会員。
非会員も参加可。
定員 300名
料金 JASM入会登録の方は無料。第2回目セミナー(11/25)終了後から、72時間以内に会員のお申込みをいただければ、来年度年会費を20%引きといたします。
JASM正会員について

■ 第5回以降のテーマ(予定)

テーマ 講師 開催日程 定員
成人の発達障害支援:医療における支援 太田晴久
(昭和大学准教授)
2022年2月18日(月)
18時開始
300名
0-2歳児の感覚運動を促す保育支援 トート・ガーボル
(相模女子大学教授)
2022年4月13日(水)
18時開始
500名
午後の保育の新たな取り組みと実践(仮) 小山朝子
(和洋女子大学准教授)
2022年7月20日(水)
18時開始
500名

JASM教育セミナー 参加お申込み