研究者と実践者の交流

さまざまな分野の専門家が集い議論することで社会福祉の質を向上させるためには「場」を設定する必要があります。古代ギリシャでは道が交差し人びとが行き交う場所を「アゴラ」(Agora)と呼びました。そこは交易の場であると同時に、情報が集まり、知が生まれる場でした。そこで、本学会ではさまざまな道のプロフェッショナルが議論し知を創造する場であるアゴラとして機能することを目指します。

理論と実践との緊張関係こそが知を生み出すと考えますので、3つのセッション(研究分野)を設定します。

1)理論を磨くセッション
研究者の研究成果や知見について実践者から批判的議論する場を設けます。
2)実践問題を解決するセッション
実践者が抱える日常的な問題についての解決について研究者に問いかける場を設けます。
3)未来セッション
研究者と実践者がともに社会福祉マネジメントの未来を討論する場を設けます。

アゴラを担う人材育成

1)研究者の育成
研究助成制度、優秀な発表等の報奨制度を設けます。
2)実践者の育成
社会福祉マネジメントについて、基礎的なことを学びたい、あるいはこれまので実務経験を理論的に整理しマネジメント力を高めたいといった会員のための講座を設けます。

研究大会

これまでの研究大会概要

研究論文の投稿について

『Journal of Social Welfare Management(JASM)』 への投稿規定類

論文を投稿していただく場合、下記の規定類を必ずご一読下さい。

学会誌『Journal of Social Welfare Management』への投稿は、現在は、全て郵送にて受け付けています。

投稿先: 日本社会福祉マネジメント学会事務局 宛
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1
  • ※表書きに「原稿在中」と朱記すること。
    投稿規程・執筆規程にしたがって原稿1部(図表を含む)を作成し、電子媒体(CDまたはUSBメモリ等)データをあわせて提出する。
  • ※原稿にはページ番号をつけること。

メーリングリストのご案内

日本社会福祉マネジメント学会では、「会員連絡用メーリングリスト」を用意しています。
事務局からの連絡事項をお伝えするためのメーリングリストであり、正会員でメールアドレスをご連絡いただいている方は、全員、自動的に登録されます。登録アドレスの変更は学会事務局までご連絡ください。なお、会員が記事を配信することはできません。

JASM会員連絡用メーリングリスト
Email :jasm-journal(アット)mlist.ne.jp

メールアドレスの変更

メールアドレスを変更する場合は、メーリングリストに入っているアドレスからinfo@jasm.info宛に「件名:メールアドレスの変更」と表記し、変更後のアドレス、氏名を明記し送信してください。

お問い合せ

Email :info(アットマーク)jasm.info
電 話:03-6658-5615
電話受付時間:平日9時から12時,13時から17時まで

受託教育研修

JASMでは、保育、介護、障害等の社会福祉に関する教育研修事業を行っております。自治体様からは指定や委託、企業様からは委託を受け、管理者や職員の「質の向上」に向けたさまざまな研修をご提供しております。講師には、現役の大学教員をはじめ、福祉現場での指導経験豊富な方々を迎え、Off-JT、OJT双方に対応しております。

実績
・平成30年度 東京都保育士等キャリアアップ研修の指定事業者として「乳児保育」「幼児教育」「障害児保育」「子育て支援・保護者支援」「マネジメント」の5研修を実施。
・令和元年度 東京都保育士等キャリアアップ研修の指定事業者として「乳児保育」「幼児教育」「障害児保育」「子育て支援・保護者支援」「マネジメント」「保健衛生・安全対策」「食育・アレルギー対応」の計25研修を実施予定。
・2019年4月より、B社(保育所等運営事業者)の施設長向け教育研修事業として、毎月1回(5時間程度)、JASM会員の大学教員を派遣し、専門性の向上と施設の課題解決をテーマとした演習、講義を行っている。
  • 研修風景
  • 研修風景

受託研究

社会福祉に関する調査・研究やICTなどの実証研究を主対象とし、自治体様、民間企業様より委託を受け、JASMを起点として組成された研究チームが、研究・分析を進め、結果をまとめ、委託先へ報告する事業モデルです。これに要する経費は委託者が負担し、受託研究開始の手続きはJASM事務局が一括して行います。

行政・各種団体、企業様からの研究受託

・「ICT導入による保育所業務の効率化の検証」
・「世代間交流施設における経済性の測定」
・「世代間交流がもたらす効果の探索的研究」
・「外国籍の子どもの保育に関する実態調査」
・「障害児保育に関する実態調査」
お問い合せ

Email :info(アットマーク)jasm.info
電 話:03-6658-5615
電話受付時間:平日9時から12時,13時から17時まで

研究助成報告会

2019年 研究助成報告会

実績
第1回 5月22日 尾野明美(小田原短期大学准教授)
「保育者の専門性の発達に関する研究」
第2回 6月19日 安部高太郎(郡山女子大学短期大学部講師)
「平成期幼稚園教育要領・保育所保育指針に関する思想史的研究」
第3回 7月17日 石井章仁(大妻女子大学准教授)
「効果的な園内研修のあり方に関する研究」
第4回 8月21日 木村拓磨(名古屋経営短期大学講師)
「生体情報、質問紙調査からみた保育者の業務実態」

団体保険

この保険は施設所有管理者特約条項等の各種特約条項を付帯した、保育所等施設の開設者の皆さまのための保険です。
団体保険について詳しく見る