設立趣旨

一般社団法人日本社会福祉マネジメント学会(The Japanese Association of Social Welfare Management:JASM)は、研究成果の公表、情報の共有等を行うとともに、研究者、実践者による会員相互の交流と連携を図り、総合的な社会福祉サービスの質を高め、実践の知を広く普及することを目的としています。

また、各種事業、産官学とのネットワークを通じて、社会的弱者と呼ばれる人たちにwell-being(よき状態)を保障することを目指します。

対象

研究者、福祉系の学生、大学院生、福祉関連事業者、福祉関連職(保育士、介護福祉士、障害者支援員)

ゴール

人間の脳の比率は他の動物に比べ大きいために、未熟な状態で母体から出る必要があります。そのため、成長するまでに時間がかかります。このことは人間が弱い存在であると同時に、知恵をもつ存在であることを意味します。

「弱さと知恵」、これが社会福祉を考えるキーワードであると考えます。「社会的弱者」と呼ばれる人がいますが、この言葉を社会が弱者を生んでいるとも解釈できます。したがって、社会が変われば弱者でなくなるといえます。

社会的弱者と呼ばれる人達にwell-being(良き状態)を保障することが社会福祉の目的ですので、社会を変えることが社会福祉の課題であるといえます。ここで期待されるのが人間の知恵です。社会福祉には3つの知恵が必要であると考えます。人間の科学、組織の科学そして社会の科学です。この3つの知恵を統合し社会福祉を実践する行為が「マネジメント」です。

たとえば、発達心理学が育児にとって役に立つことはいうまでもありません。しかし、家族が精通していることは稀であり、専門家のアドバイスが必要になりますし、現代は幼稚園や保育園で育児の一端を担うことは当たり前となっています。施設の職員が能力を高めるためには最新の科学的知見を理解する必要があり(人間の科学)、適切に実践するためには施設が健全に経営されていること(組織の科学)が前提となります。そして、施設は社会や行政の動きを的確に理解し運営される(社会の科学)必要があります。これらのことは保育、介護に限らず広く社会福祉分野に当てはまります。

上記のような問題意識を背景に、科学的知見に立脚し、社会福祉サービスの質を高め、実践の知を広く普及するために日本社会福祉マネジメント学会を設立しました。

社会福祉施設で活躍されている方、社会福祉施設で活躍することを目指している方、社会福祉を研究されている方、社会福祉施設の経営者の方、社会福祉行政を担当されている方、社会福祉に貢献している企業の参加をお待ちしております。

一般社団法人日本社会福祉マネジメント学会

会員募集

当法人では、学会誌の発行や研究大会の実施を主な活動内容としています。

入会特典

  • ・学会・シンポジウムへ・会員交流会への参加
  • ・学会誌『日本社会福祉マネジメント』

スポンサー企業は、学会大会、シンポジウムの際のブース設置、セミナー実施、学会誌への広告出稿等が可能となります。

申込方法

入会を希望される方は、下記の要領でメールにてご応募ください。
※ご提供いただいた個人情報は、当法人学会関連のご連絡のみに使用させていただきます。

年会費は5,000円です。会員資格は、入会申込みがすみ次第、理事会承認(簡易型)を経てから、当法人より年会費の請求書をお送りいたします。振込確認が取れ次第、会員資格を得られ、4月1日より翌年3月31日まで有効となります。なお、領収書をご希望の方は、入会申込時に申し添え下さい。
Email:info(アットマーク)jasm.info

手続き方法

退会について

本学会からの退会を希望される場合、以下のような手続きを必要とします。下記をお読みいただき、退会届の様式にご記入・ご捺印の上、下記郵送先までお送りください。

  1. 退会の手続きは、本学会の「定款」の以下の規定に基づいております。
    「定款」第 12 条
  2. 会員は所定の退会届を学会長に提出することにより、退会することができる。
  3. 第2項の場合、既納の会費は事由の如何を問わず、これを返還しないものとする。
  4. 退会に伴う機関誌などの送付停止について
    • ① 退会される年度の会費をすでに納入されている場合には、特に発送停止のご要望がない限り、機関誌などはその年度内に限り送付させていただきます。
    • ② 退会される年度の会費が未納である場合には、退会届が提出された時点で、機関誌などの送付は停止されることになります。ご了承ください。

【退会届】(様式)

【 退会届のご郵送先 】
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1アルカセントラル
一般社団法人日本社会福祉マネジメント学会事務局