一般社団法人日本社会福祉マネジメント学会(The Japanese Association of Social Welfare Management)は、「社会福祉」を「マネジメント」の観点から研究し、研究成果の公表、情報の共有等を行うとともに、研究者、実践者による会員相互の交流と連携を図り、総合的な社会福祉サービスの質を高め、実践の知を広く普及することを目的としています。

また、各種事業、産官学とのネットワークを通じて、社会的弱者と呼ばれる人たちにwell-being(よき状態)を保障することを目指します。

法人概要
団体名称 一般社団法人 日本社会福祉マネジメント学会
設立 2013年2月
事業内容
  1. 社会福祉に関する制度、環境、社会、実情、労働及び経営等の分野における諸課題における調査及び研究を行い、社会福祉業界の知識と経験を広く活用して政策を提言し、実現に向けて働きかけること。
  2. 民間における福祉施設設置者の交流を促進すること。
  3. 会員間の連絡及び連携を促進すること。
  4. 会員間の指針となる計画及び規範を作成すること。
  5. 福祉業界の実情及び意見等を内外に紹介し、理解を得ること。
  6. 機関誌の発行並びに書籍を出版すること。
  7. 各種セミナー・研修、講演会を開催すること。
  8. 社会貢献に資する募金等の斡旋を行うこと。
  9. 途上国への教育支援を行うこと。
  10. 受託研究、受託教育研修事業を行うこと。
  11. 学術研究集会、シンポジウム等を開催すること。
  12. 学会機関紙「社会福祉マネジメント」その他の刊行物を発行すること。
  13. その他、本法人の目的を達成するために必要な事業を行うこと。